吸収型サニタリーショーツについて

Qナプキンやタンポンなしでも大丈夫?
Aどちらのショーツもタンポン2本分程度の経血またはかるい尿漏れを吸収します。 経血の量が少なめの方、3日目以降などははショーツのみで。 普段よりちょっと多いかもと思われるときはタンポン、ナプキン、カップのバックアップとしてお使いください。
Qどのように履けばいいの?
A普段のショーツと同じように履いてください。月経がはじまりそうかな、終わりそうかなというときは特に履いておくだけで安心できますよ。

お手入れ方法

Qどのように洗えばいいでしょうか?
Aまずはお水で汚れた部分を洗い流しましょう。(お湯を使用するとたんぱく質が固まる場合がありますのでお気をつけください。) その後はネットにいれて他の洗濯ものと一緒に洗い、干してください。乾燥機はお使いにならないでください。
Q柔軟剤や漂白剤は使えますか?
Aどちらも使わずに洗ってください。中に織り込まれている3層または4層構造の吸収素材の効果が薄れる場合があります。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/08/29 17:47

9月1日は防災の日。みなさん防災グッズ準備していますか?

我が家も防災リュックがあるのですが、先日中身を見直したところ、

かなり小さな子供用の歯ブラシが入っていたりしてびっくりしました(笑)

すでに娘たちは12歳。

洗面用具や常備薬、携帯食なども見直していれておきました。

 

さて、女性は生理用品も必ず入れておきましょう。

生理用ショーツとナプキンやタンポン。被災しているときに生理になってしまったら、考えただけでも大変そうです。吸収型サニタリーショーツも、突然なってしまったときには役立ちそう。洗濯するお水がないと、難しいかなーと考えていましたが、長時間作業をする必要があって、トイレに行けなかったりするときや、ナプキンのバックアップとしても役立ちます。また、普通のショーツが足りなくなってしまった場合には、普通に履くこともできます。

一緒にウェットティッシュやデリケートゾーンのワイプなどもあると便利かもしれませんね。

吸収型サニタリーショーツ。一枚防災リュックに入れておくと安心できそうです。

私も今年から娘たちの分と自分の分。一枚ずつ入れておくことにしましたよ。