吸収型サニタリーショーツについて

Qナプキンやタンポンなしでも大丈夫?
Aどちらのショーツもタンポン2本分程度の経血またはかるい尿漏れを吸収します。 経血の量が少なめの方、3日目以降などははショーツのみで。 普段よりちょっと多いかもと思われるときはタンポン、ナプキン、カップのバックアップとしてお使いください。
Qどのように履けばいいの?
A普段のショーツと同じように履いてください。月経がはじまりそうかな、終わりそうかなというときは特に履いておくだけで安心できますよ。

お手入れ方法

Qどのように洗えばいいでしょうか?
Aまずはお水で汚れた部分を洗い流しましょう。(お湯を使用するとたんぱく質が固まる場合がありますのでお気をつけください。) その後はネットにいれて他の洗濯ものと一緒に洗い、干してください。乾燥機はお使いにならないでください。
Q柔軟剤や漂白剤は使えますか?
Aどちらも使わずに洗ってください。中に織り込まれている3層または4層構造の吸収素材の効果が薄れる場合があります。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/02/05 09:56

プラスチックゴミ削減に向けて

私たち月とハンモックは極力簡易包装にし、

ラッピングや配送では紙を使うようにしています。

各社企業努力をしていますが、

そんな中コロナビールもプラスチック削減環境対策をしていると知りました。

 

これまでコロナビールは、6缶を1ケースとして売る場合に、

ひとまとめにするためのプラスチックリングを使用していたそうです。

そのプラスチックが環境に悪影響を及ぼしていました。

そこで、缶同士を10本まで連結できるように開発し、

プラスチックがなくてもまとめて運べる事を実現させました。

素晴らしいアイデアですよね。

しかも、缶の設計はオープンソースになっているそう。

コロナビールのこの情報は既に去年の話です。

今ではきっとプラスチック削減に貢献していることでしょう。

日本では厚紙を巻いて6本をひとまとめにしているので、

プラスチックは使っていませんが、

この紙も削減できるいい方法があるといいですね。

私たちが取り扱っている

リロバ、modibodiの吸収型サニタリーショーツはこのショーツを使う事で

ナプキンなどのプラスチックゴミを減らせるアイデアいっぱいのアイテムです。

使い方は通常のショーツを同じように使うだけ。

このアイテムでプラスチックゴミを削減しましょう。