吸収型サニタリーショーツについて

Qナプキンやタンポンなしでも大丈夫?
Aどちらのショーツもタンポン2本分程度の経血またはかるい尿漏れを吸収します。 経血の量が少なめの方、3日目以降などははショーツのみで。 普段よりちょっと多いかもと思われるときはタンポン、ナプキン、カップのバックアップとしてお使いください。
Qどのように履けばいいの?
A普段のショーツと同じように履いてください。月経がはじまりそうかな、終わりそうかなというときは特に履いておくだけで安心できますよ。

お手入れ方法

Qどのように洗えばいいでしょうか?
Aまずはお水で汚れた部分を洗い流しましょう。(お湯を使用するとたんぱく質が固まる場合がありますのでお気をつけください。) その後はネットにいれて他の洗濯ものと一緒に洗い、干してください。乾燥機はお使いにならないでください。
Q柔軟剤や漂白剤は使えますか?
Aどちらも使わずに洗ってください。中に織り込まれている3層または4層構造の吸収素材の効果が薄れる場合があります。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/01/27 09:15

ニュージーランドリポート第2弾です。

生理用品に関してお伝えします。

スーパーの生理用品売り場は

日本のドラッグストアー同様に

沢山の種類の生理用品が置かれていました。

ところが、おっ!と思った事は

色がカラフル!で趣向が多才。

f:id:tsukitohammock:20200127090510j:plain

ポップなものから、シックなもの、目立たないもの、

そしてスポーツ用と称したカテゴリーもありました。ナプキンが薄いそうです。

さすが、アクティビティー大国。

タンポンはアプリケーターがないもの(綿部分のみ)も売られていました。

そして、最大の違いは経血カップ(第3の生理用品といわれています。)がナプキンやタンポンの隣りに普通に売られていた事。

日本ではネットで見かけるようになりましたが、

ドラッグストアーやスーパーといった店舗では殆ど見た事がなかったので、びっくりしました。

f:id:tsukitohammock:20200127090443j:plain

 

 

トイレでは、たまたま行ったトイレの汚物入れポットが可愛くて

思わずじっくりみてしまいました。

なんとなくモチーフは鳥(キウィ?)?なのかしら?

最初どう使うかわかりませんでしたが、

ポットに手をかざすとセンサーで蓋が持ち上がる仕掛け。

日本のトイレも綺麗で革新的ですし、汚物入れもセンサーで動くものもありますが、ちょっと無機質。

遊び心あるものだと、ほっこりしますね。

 

他国も見習いつつ、女性にも環境にも優しい日本を目指すには

lilova, modibodi のショーツ(吸収型生理ショーツ・第4の生理用品)は最適です。

是非一度試してみて下さい。