吸収型サニタリーショーツについて

Qナプキンやタンポンなしでも大丈夫?
Aどちらのショーツもタンポン2本分程度の経血またはかるい尿漏れを吸収します。 経血の量が少なめの方、3日目以降などははショーツのみで。 普段よりちょっと多いかもと思われるときはタンポン、ナプキン、カップのバックアップとしてお使いください。
Qどのように履けばいいの?
A普段のショーツと同じように履いてください。月経がはじまりそうかな、終わりそうかなというときは特に履いておくだけで安心できますよ。

お手入れ方法

Qどのように洗えばいいでしょうか?
Aまずはお水で汚れた部分を洗い流しましょう。(お湯を使用するとたんぱく質が固まる場合がありますのでお気をつけください。) その後はネットにいれて他の洗濯ものと一緒に洗い、干してください。乾燥機はお使いにならないでください。
Q柔軟剤や漂白剤は使えますか?
Aどちらも使わずに洗ってください。中に織り込まれている3層または4層構造の吸収素材の効果が薄れる場合があります。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2019/12/06 18:32


娘の夏休みの自由研究で、家で出るごみを減らそう!をテーマに一週間に出るプラゴミを出さない努力をして、どのくらい減るか。をやってみたことがあります。

普通に暮らして900gだったプラゴミは、ちょっと気を付けるだけで300gに

減りました。一人一人の心がけでこれだけ減らすことができるんだ!とびっくりしたのを覚えています。

 

さて、生理の時、私たちはどのくらいゴミを出しているのでしょう。

タンポンやナプキンは全て使い捨て。

一度の生理で使用するナプキンの枚数は平均で20枚といわれています。

単純に計算すると生涯で女性が使用するナプキンの枚数は9360枚!!

驚くことに、ナプキンの90%はプラスチックからできていて、土に

返るまでにかかる年数は500年から800年!! 

全てゴミになっていると考えると恐ろしいですよね。一人一人がゴミが出ない

方法、少なくする方法を考えれば、この数字は変わってくるはず。

 

月とハンモックの吸収型サニタリーショーツを履けば、ナプキンの枚数はかなり減らせますよ。(ちなみに私はこのショーツに出会ってからナプキンを購入していません!)

多い日は、ナプキンやタンポンのバックアップとして、少ない日はそのまま履いて過ごせます。もちろん、これから初潮を迎える娘たちにも勧めたい。あなたもごみゼロの生理生活を送ってみませんか?

 

#環境問題

#エコ

#吸収型サニタリーショーツ

#月とハンモック

#tsukitohammock

#lilova #modibodi