吸収型サニタリーショーツについて

Qナプキンやタンポンなしでも大丈夫?
Aどちらのショーツもタンポン2本分程度の経血またはかるい尿漏れを吸収します。 経血の量が少なめの方、3日目以降などははショーツのみで。 普段よりちょっと多いかもと思われるときはタンポン、ナプキン、カップのバックアップとしてお使いください。
Qどのように履けばいいの?
A普段のショーツと同じように履いてください。月経がはじまりそうかな、終わりそうかなというときは特に履いておくだけで安心できますよ。

お手入れ方法

Qどのように洗えばいいでしょうか?
Aまずはお水で汚れた部分を洗い流しましょう。(お湯を使用するとたんぱく質が固まる場合がありますのでお気をつけください。) その後はネットにいれて他の洗濯ものと一緒に洗い、干してください。乾燥機はお使いにならないでください。
Q柔軟剤や漂白剤は使えますか?
Aどちらも使わずに洗ってください。中に織り込まれている3層または4層構造の吸収素材の効果が薄れる場合があります。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2019/11/29 11:00


こんにちは。

今年10月19日に設立された、National Period Day 。もう少し生理のことをみんなで

考えよう!生理用品を買えない貧困層の人たちのことを考えて、生理用品を軽減税率の

対象にしようというアメリカでのムーブメント。

では、実際にどのくらい生理にお金がかかっているのでしょうか?

もちろん生理の周期や経血の量は人によってさまざま。あまり人に話したり

する話題ではないので、他の人がどうなのか、なかなかわからないところでは

ありますが、例えば一回の生理が5日間。一か月に一度来る人の場合は

 

ナプキン代が一枚20円として、一日5枚を5日間で25枚=500円

12か月なので一年だと 500x12か月=6000円かかる計算に!

それ以外にも、もちろん生理用のショーツや、タンポン、夜用のナプキンなどを

使う方もいらっしゃると思います。

 

吸収型のサニタリーショーツは一見高そうですが、

実は長い目で見るとお得ですよね。そしてゴミも出さないので環境にも優しい!

そしてなにより自由に自分らしく過ごせますよ。

もうすぐ月とハンモックでも米国リロバ社の吸水型サニタリーショーツの

販売を開始いたします。もう少しまってくださいね~。


♯ 月とハンモック 

♯ Tsukitohammock

♯ 吸水型サニタリーショーツ

♯ エコ ♯ 節約 ♯ 生理